メニュー

皮膚科一般

尋常性乾癬

尋常性乾癬は、全身に白いカサカサを伴った境界明瞭な厚みのある赤い発疹を生じる病気です。表皮の角化異常がその病態ですが、その原因の全てはまだ明らかになっていません。ただ病変部で起きている現象が徐々に解明され、その部分に対する有効な治療法が次々に登場してきています。

当院では適切な外用治療(ステロイド、活性型ビタミンD3)を行うとともに、県内では導入台数のまだ少ない全身型ナローバンドUVB、エキシマランプ照射療法を使用しています。

全身型ナローバンド照射機とエキシマランプを設置し、患者様の定期的な通院がスムーズに行えますよう対応しており、日々お忙しい皆様にご好評をいただいております。

また皮疹が広範囲で定期的な通院が困難な方には、内服治療も行っております。従来からのシクロスポリン内服、レチノイド(チガソン®)内服、に加え、アプレミラスト(オテズラ®)が登場し、新たな治療選択肢があります。

さらに重症の場合は生物学的製剤の注射もあります。乾癬の病変を形成するサイトカインと呼ばれる炎症物質を特異的に抑える薬剤です。この分野の治療薬は急速に進歩しており、重症の乾癬の患者様が、これまで得られなかった効果を実感できるようになりました。安全性を考慮し,大学病院など認定施設でのみ実施可能ですので、この治療が望ましいと判断される患者様には適切に認定施設(秋田県では秋田大学附属病院皮膚科)にご紹介いたします。

以上のように様々な治療法がありますので、皮膚症状の程度、関節症状の有無、年齢、合併症、通院頻度、治療費などを考慮し、状況に応じた治療法を提示し、患者様自身と医師が相談しながら治療を進めて行くようにしております。

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症は、手のひらや足の裏に膿をもった水ぶくれ(膿疱)を生じ、次第に皮が剥けてカサカサになる病気で、治りにくい皮膚疾患の一つです。原因はよくわかっていませんが、扁桃炎、歯周病などの口腔内の病巣感染や歯科金属アレルギーなどが病因に関与しているものもあると考えられています。当院では外用治療、ナローバンドUVB照射、エキシマランプを組み合わせて治療を行っております。また重症の方、関節症状を伴う方に生物学的製剤(トレムフィア)による注射療法もあります。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の症状は、体の免疫システムにかかわる「サイトカイン」が関与していると考えられています。
サイトカインとは、様々な刺激によって白血球などの細胞から産生されるタンパク質で、他の細胞へ指令をだす働きをしています。
掌蹠膿疱症では、いくつかのサイトカインが複雑に関与し、症状を引き起こすと考えられています。いずれも体の免疫システムにかかわる重要なサイトカインですが、過剰に増えることで炎症などが起きてしまいます。大学病院など認定施設でのみ実施可能ですので、この治療が望ましいと判断される患者様には適切に認定施設(秋田県では秋田大学附属病院皮膚科)にご紹介いたします。詳しくはhttps://www.kansennet.jp/ppp/をご覧ください。

しもやけ

冬期間に気温が4~5℃で一日の気温差が10度以上になると、しもやけを起こしやすくなるといわれています。手足、耳たぶ、鼻、頬などに症状が出ます。皮膚が赤く腫れ、ひどいときは潰瘍をつくることもあります。暖まるとかゆみを起こすことも特徴です。

原因

冷たい空気に曝露されることですが、冷気にあたった際の血流障害の程度とそこからの回復に遺伝的な差があって、なりやすい体質の人となりにくい体質の人がいると考えられています。

治療

ビタミンEの塗り薬や、ヘパリン類似物質の塗り薬を使用します。マッサージするように塗ってください。症状が強い場合、範囲が広い場合はビタミンEなどの循環改善薬を内服することもあります。手袋、マスク、耳当てなどの防寒具で冷気をしっかり避けるようにしましょう。また濡れた手袋や靴下を着用したままにしていると皮膚温が下がりしもやけを起こしやすくなります。こまめに乾いたものに取り替えるよう心がけてください。

注意

若い女性に起こることの多い、エリテマトーデスという病気があり、しもやけに似た症状を示すことがあります。エリテマトーデスは他の内蔵病変を伴うことがあり、皮膚症状のみではしもやけとの区別が難しい場合があります。血液検査などで詳しく調べることによりはっきりしますので、しもやけを何度も繰り返したり、症状が強い人、長引く人は一度皮膚科を受診して検査を受けられることをお勧めします。

トンズランス感染症 (マット菌)

ここ数年、日本各地でトリコフィトン・トンズランスという新しい水虫菌が外国から持ち込まれ、柔道やレスリングをはじめとする格闘技選手の間で流行していることが問題になっています。この病気は格闘技選手のみならず、家族内感染により主婦の方や幼児、高齢者にも感染が見られ、格闘技をしないからといって他人事ではありません。正しく治療すれば怖い病気ではありませんが、治療を怠ると保菌者となり感染源になります。

最近、中学校の体育で柔道が必修となりました。このため、トンズランス感染症が拡大するのではないかという懸念があります。

症状

通常のたむしより非常に症状が軽く、擦り傷やかぶれと思われることも少なくありません。格闘技の性質上、顔、頭、頚など上半身に見られます。頭ですとブラックドットといわれる、黒い点々が毛穴に見られ、脱毛を伴うこともあります。

診断

この病気の診断にあたっては、医療側からみても難しく、格闘技を行っているという情報、注意深い診察と、真菌検査が必要になります。

治療

つけ薬ではなかなか菌はなくならず、可能であれば飲み薬での治療が勧められます。また、格闘技選手においては予防策として、トレーニング後のシャワー励行とともに、抗真菌剤含有シャンプーの使用も勧めています。クラブ内で多発することもありますので、発症した方がおられたら、他の部員に同様の症状がないかの確認をして、早期発見早期治療をすることが肝心です。所属する団体によっては、試合前にドクターチェックがあり、試合に出られないこともありますのでご注意ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME