メニュー

皮膚科一般

にきび

たかがニキビ?されどニキビ?

ニキビは全人口の約90%の方が一生に一度は経験する病気です。
しかし一昔前までは青春のシンボルとして放置されていることが多かったように思います。例え自然にニキビが治っても痕が残り、今度は凸凹になった夏みかんのようなニキビ痕に悩みます。痕になってからの治療は大変です。

ニキビのある当の本人はとても気になるもので、それがコンプレックスになり、学校生活の上での問題を生じていることもあります。ニキビは不潔にしていることが原因ではありません。皮脂の分泌の増加と毛孔の閉塞によって起きるものです。顔をよく洗えばよいわけではありません。

ニキビは皮膚の病気です

科学的根拠に基づいた適切な治療、生活習慣の見直し、スキンケアなど多方面からのアプローチが必要です。
このくらいのニキビなんてと軽視せず、もう治らないとあきらめず、一度受診されることをおすすめします。

お肌のクリニックでの治療

日本皮膚科学会策定のざ瘡治療ガイドラインに基づいて、科学的根拠のある標準的な治療を、患者様ひとりひとりに合わせて行っております。

- 保険治療 - - 自費治療 -
  1. アダパレンゲル
    角質のケアをして毛穴の閉塞を治療し、ニキビができにくい肌質にしていきます。→ 詳しくはこちら
  2. 過酸化ベンゾイルゲル(べピオゲル、デュアック配合ゲル
  3. アダパレン・過酸化ベンゾイル配合ゲル(エピデュオゲル
  4. 抗菌剤外用・内服(内服は耐性菌抑制を配慮して投与します。)
  5. 漢方薬(十味敗毒湯、桂枝茯苓丸加薏苡仁湯、清上防風湯など)
  • 赤み用色素レーザー(VビームⅡ)
  • ケミカルピーリング → 詳しくはこちら
  • アイソレイズ
  • ライムライト → 詳しくはこちら
  • レーザーピーリング(YAGレーザー) 
  • アゼライン酸外用薬(AZAクリーム)
ニキビのあるお子様の保護者の方へ

お子様とニキビについてお話ししてみてください。年頃のお子様は話したくても打ち明けられなかったりすることもあるかもしれません。ぜひお声掛けしてみてください。

当院では治療の方針とゴールを明確に伝え、それを患者様と共有することに努めています。同じゴールをめざして一緒にがんばりましょう!

ニキビ問診票

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME