メニュー

ごあいさつ

院長よりあいさつ

 平成21年10月、秋田市手形住吉町に「お肌のクリニック」を開設し、おかげさまでこのたび10周年をむかえることができました。これもひとえに皆様のご支援があったからこそと、心より感謝申し上げます。

 アトピー性皮膚炎、いぼ、とびひ、にきび、水虫、しみ、ほくろ、赤ら顔などの一般皮膚科診療(保険診療)はもちろんのこと、ケミカルピーリング、最もご好評いただいておりますIPLによる美肌治療、トレチノイン-ハイドロキノン外用薬によるシミ、小じわの治療、赤外線治療器(クリアタッチS)などによるニキビ治療、肝斑に対する低出力レーザー治療、近赤外線治療器(タイタン)によるたるみ治療なども行っております。開業当初より行っておりました、ムダ毛の脱毛治療の機器もさらに新しく導入し、痛くない脱毛治療を目指して多くの皆様により快適に治療を行っていただけるよう努めております。特に痛みに弱い中高生の脱毛、男性のヒゲ脱毛に好評をいただいております。

 男性型脱毛症(AGA)の相談もお受けしております。ザガーロ、プロペシア(フィナステリド)内服治療を主体に行なっておりますが、患者様の利便性を追求し、再診の方にオンライン診療も始めました。

 またスキンケアを重視し、お子様からご高齢の方々それぞれにあったお手入れ方法の指導、美容的なスキンケアについてのご紹介も医師と熟練した看護師および当院スタッフが丁寧に行っております。特にニキビ治療薬の指導についてはスタッフ全員が熱心に取り組んでおり、様々な状況の皮膚の方に対応できるよう努めております。各種薬剤(ビタミンC、カロチン、ビタミンE、トラネキサム酸、グリシルグリシン)によるイオン導入のメニューを増やして対応しています。目元のアンチエイジングとしてまつ毛貧毛治療薬のグラッシュビスタ、目尻、眉間のしわに対するボトックス療法も行っており、ご好評をいただいております。

 また精密検査が必要な方や難治性疾患で高度な治療が必要と思われる方、悪性腫瘍が疑われる場合は秋田大学医学部附属病院等と連携し対応いたしております。また縫合が必要な体表の外傷、熱傷の初期治療にも対応しております。労災保険取り扱いをしておりますので、お仕事中のやけど、体表の外傷などの治療も行うことができます。

 開設以来、予想以上にアトピー性皮膚炎、にきびの患者様がたくさんおられることを実感し、通常の治療で難治な場合の選択肢の一つとして光線治療を積極的に取り入れてきました。(保険適応外のものもございます)
また乾癬、白斑、掌蹠膿疱症などの難治性慢性疾患の速やかな改善のためにも、従来の治療に加えて各種光線治療を行っており、多くの患者様の治療を行っております。
現在、ナローバンドUVB治療機(全身型)2台、局所照射が行えるエキシマ紫外線治療器(VTRAC)を設置し、通院回数の多い患者様に対して、待ち時間の削減に努めております。
特に全身型ナローバンドUVB照射器は全方向からの一度の照射で治療が終了しますので、以前よりも治療時間が短縮し、患者様に喜んでいただいております。
 難治性の蕁麻疹や治療抵抗性のアトピー性皮膚炎に対し、生物学的製剤が登場しました。当院でも蕁麻疹にゾレア(オマリズマブ)注射、アトピー性皮膚炎にデュピクセント(デュピルマブ)治療を行なっております。デュピクセントについては自己注射の指導もしております。

 また積極的に国内外の学会や講習会で新しい知見を学び、新しい治療法を取り入れ、日進月歩の医学を常にアップデートしております。26年の皮膚科専門医としての知識と経験をもとに、最新の知識をとりいれ、医学的エビデンスのある治療を提供し、丁寧、親身、適切をモットーに診療を行ってまいります。
 多くの患者様に来ていただき、待ち時間が長くなることもあり、大変心苦しく感じております。ひとりひとりの患者様との対話を大切にできるよう、皮膚科の専門知識を有し、医師事務作業補助技能認定試験に合格したドクターズクラークを配置し、スムーズな診療を心がけておりますので皆様のご理解をお願いしたいと存じます。

 スマートホンなどを使用したオンライン診療も症状の安定した患者様で2018年より行なっております。該当となる方にはお声がけをしておりますので、ご検討下さいますようお願いいたします。
また自動精算機を当院でも導入し、患者様のスムーズなお支払いが可能になっています。使い方は簡単ですが、ご不明な点はスタッフがサポートさせていただきますのでご安心ください。
 これからもスタッフともどもさらなる研鑽を積み、よりよい治療を提供できますよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

医療法人三愛会 お肌のクリニック
院長 豊田 知子

- 追記 -
2016年11月、秋田市元気な子どものまちづくり企業に認定表彰されました。

私自身が子どもを育てながら仕事に使命感を持って両立させていくことを困難に感じる時代を過ごしてきました。誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、育児、介護、家庭、地域、自己啓発などにかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう、社会全体で仕事と生活の双方の調和の実現を求めていくという内閣府の目標に賛同し、ワークライフバランスを実現するべく、企業として取り組んでいる姿勢を評価していただきました。

お子様の健やかなお肌のために

当院は、一般皮膚科の他に小児皮膚科も標榜しております。

乳幼児から小児期、学童期、思春期と成人するまでの時期には劇的な体と心の変化があります。皮膚もその影響を受け、同様に大きな変化があります。同じ病気でも大人と子供ではその現われ方や本人の受け止め方が違います。その時期に多い皮膚疾患やホルモンなどによる皮膚の生理的な変化などを理解し、一人ひとりに合わせた丁寧な診察を心がけています。

また、現在皮膚病のない健康な肌でも、正しいケアをしなければ大人になった時に皮膚疾患の元を作ってしまうことがあります。

理想的なお肌のお手入れは、清潔に、しっとりと、紫外線防御をするということが3原則であると思います。このようなケアについても、日常生活の指導や、スキンケア商品の紹介もいたします。

院長プロフィール

院長 豊田 知子(とよた ともこ)
平成5年長崎大学医学部卒業
主な勤務先 九州大学医学部附属病院
広島赤十字原爆病院
国立病院九州医療センター
東北大学医学部附属病院
秋田大学医学部附属病院
資 格 平成11年 社団法人日本皮膚科学会認定専門医
平成20年 有限中間法人日本抗加齢医学会認定専門医
所属学会 日本皮膚科学会
日本臨床皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本小児皮膚科学会
日本抗加齢医学会

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME