メニュー

光線療法

ナローバンドUVB療法(保険適応)

ナローバンドUVB(NB-UVB)は中波長紫外線領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線で、乾癬を初めとして、アトピー性皮膚炎、白斑、菌状息肉症などの治療に用いられています。治療に有用な波長のみを有しており、有害な部分の波長が取り除かれていますので、短時間の照射で効果が得られ、副作用も最小限になりました。治療は週に1回から2回受けていただきます。効果の出方は疾患差、個人差がありますが、アトピー性皮膚炎の場合、一般的に3、4回の照射で効果を実感し始めます。乾癬は20回程度を目安としております。当院の治療機キャンデラ社のダブリン3シリーズは立位で行い、全身に対して十分な紫外線を均一かつ短時間に照射することができます。通常の診療とは別枠になっておりますので、待ち時間も少なくなっております。

保険適応 3割負担の方の自己負担  1回 1,020円(診察料、薬剤費は別)

VTRAC

VTRACは、エキシマライトによるターゲット型紫外線治療器です。小さなハンドピースを直接皮膚に当てて照射するため、病変部のみへ照射でき、ナローバンドで当てにくい部分の照射ができます。

VTRACの波長は308nm±2です。特に尋常性乾癬に対しては308nmの方が作用が強く出ます。また輝度(照射率)が高いため、ナローバンドUVBより皮膚の深いところまで到達する性質があります。

効果が高い分、治療時間が短縮され、とてもスピーディーな治療が行えることも、VTRACの特徴です。

また、他の光線療法(PUVA、ブロードバンドUVB、ナローバンドUVB)や内服、外用剤とも併用できます。

適応症例は尋常性白斑、尋常性乾癬、脱毛症、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿胞症、扁平苔癬、類乾癬、強皮症、菌状息肉症、皮膚T細胞リンパ腫になります。(※一部保険適応外の治療もあります)週に1~2回の照射で症状を見ながら治療を進めていきます。

保険適応 3割負担の方の自己負担  1回 1,020円(診察料、薬剤費は別)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME