メニュー

AGA ・ 美容注射

AGA (男性の薄毛)

思春期以降の男性に多く発症し、徐々に進行する疾患です。男性ホルモンによる影響が強い疾患で、毛周期の中の成長期が短くなり、毛髪がしっかり太く長く成長する前に抜けてしまうため、細い毛の割合が多くなり地肌が目立ってきます。進行性ですので、長い時間が経過すると、毛包が萎縮して生えなくなってきます。

男性ホルモンである、テストステロンが前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に作用し、1型および2型5α還元酵素(5αリダクターゼ)の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。これが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体に作用することで毛母細胞の増殖を抑制します。そのため毛の成長が妨げられ頭部の薄毛が起こります。このヘアサイクルの短縮を正常な状態に戻すことがAGAの治療になります。

早めの治療開始が大切で、進行してしまいますと治療をしても十分に発毛しないこともあります。

注意:時々自分自身でAGAだと思い込んで、自己流の治療をしておられ、実は円形脱毛症などの別の疾患だったということがあります。見当違いな治療をしないためにもぜひ皮膚科専門医での診察を受けられることをお勧めします。当院ではダーモスコピーという検査用拡大鏡で地肌と毛髪の形状等の詳しい観察をし、診断を行った上で治療を開始しております。

AGA問診票

PDFファイルの閲覧には"Adobe Reader"が必要です。アドビシステムズ社のサイトよりダウンロードしてご覧ください。

 

薬剤費

プロペシア錠とザガーロカプセル、及びそれらのジェネリックがあります。どの薬剤をお選びになるかは、何を重要視するか(経済的、先発品の安心感など)をお考えの上、診察時に相談しましょう。いずれにしても継続する事が大切になります。

  • プロペシア錠® 28日分 7,000円(税別)
  • フィナステリド錠(プロペシアのジェネリック) 28日分 5,000円(税別)
  • ザガーロカプセル® 30日分 9,100円(税別)
  • デュタステリドカプセル(ザガーロのジェネリック) 30日分 7,000円(税別)

この他、別途診察料がかかります。

女性型脱毛症

女性においても、卵巣や副腎で作られた男性ホルモンの影響で頭頂部や前頭部生え際の軟毛化が目立ち、後頭部は維持される脱毛症が見られます。(男性ホルモン依存性では説明できない場合も報告されています。)

日本皮膚科学会で策定した「男性型及び女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」では、女性では慢性に経過する頭部の薄毛に関して、以下の疾患を除外するように求められています。

  • 慢性休止期脱毛
  • 膠原病や慢性甲状腺炎などの全身性疾患に伴う脱毛
  • 貧血
  • 急激なダイエット
  • その他の消耗性疾患などに伴う脱毛
  • 治療としてのホルモン補充療法
  • 薬剤による脱毛

また、円形脱毛症や牽引性脱毛症(髪の毛を強く引っ張られることによる脱毛症)などの別の疾患の鑑別も必要です。

ですので、自己判断で治療を始めるのではなく、皮膚科専門医の診察を受けてから治療を始めることを勧めます。

美容注射 - 疲労回復 - 免疫力UP - アンチエイジングに

ニンニク注射 ・・・・・ 1回 1,500円(税別)

スポーツをする人、ハードワーカーに利用者が多いにんにく注射は、疲労回復、疲れやだるさ、倦怠感の回復に即効性を求める方に大変有効です。 にんにく注射というと本当ににんにくが入っているのかと誤解される方もいますが、主成分はビタミンB1とグリコーゲンで、注射するとにんにくのような香りがすることから名付けられました。 当院ではビタミンB群の他、ビタミンCも配合しております。

ビタミンC点滴  ・・・・・ 1回 2,000円(税別)

メラニンの生成を抑え、コラーゲンを促進するビタミンCを中心に点滴を行います。ビタミンCには抗酸化作用があり、肌のさび防止にも効果があります。また、免疫力を上げる効果がありますので、風邪のひきかけのときなどにも大変有効です。

プラセンタ注射  ・・・・・ 1本 1,000円(税別)

ヒトプラセンタ(胎盤)から抽出した各種の栄養素とビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。プラセンタにより細胞の活性化やシミ・そばかす防止、アンチエイジング、保湿・美白作用、更年期障害、冷え性、肩こりなど様々な効果が見られます。

★ 初めての方は初診料2,500円(税別)がかかります。2回目以降の診察料はかかりません。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME