メニュー

ワクチン

水痘ワクチン

水痘(みずぼうそう) どんな病気?

水痘は水痘帯状疱疹ウイルスによる急性の発疹性感染症です。
保育園、幼稚園などでしばしば大流行します。
症状は痒みを伴い水をもった赤い発疹が全身に出ます。頭の中にも出るのが特徴です。
発熱は必ずしも伴いません。発疹出現のピークは2~3日でその後は次第に乾いて黒っぽいかさぶたになります。
平均して1週間くらいで治ります。
合併症としてまれに肺炎、肝炎、心膜炎、小脳炎、血小板減少性紫斑病などがあります。また2次的に細菌感染を起こし、あと(瘢痕)が残ることがあります。

成人が罹患すると小児より重症化しやすく、肺炎、脳炎などの合併症も生じやすく、皮疹も重症で、完治するのに10日から2週間ほどかかることもあります。その間学校やお仕事をお休みしなければなりません。
(学校保健安全法ですべての皮疹がかさぶたになるまで登校、出勤できません)

また妊婦が妊娠初期に感染すると奇形を伴う先天性水痘症候群の子どもを出産する可能性があります。また、妊娠後期に感染すると新生児重症水痘にかかる可能性が高くなります。
アメリカでは毎年、水痘患者のうち1万人が入院して、100人が死亡しています。(水痘は怖い病気です)

水痘ワクチンについて

水痘ワクチンはわが国で世界に先駆けて開発された生ワクチンです。
接種後の抗体陽転率は90%以上と優秀です。(ただし、接種しても水痘にかかることもあります)
水痘ワクチン接種者が水痘にかかった場合多くは軽症ですみます。

接種対象者

接種年齢は生後12ヶ月から可能です。
定期接種(対象年齢あり)の方は公費になります。
定期接種の対象外の方は1回8,000円(税別)です。

以下の方は特にワクチン接種をお勧めします。
  1. 早期から託児所や保育園へ預ける予定があるお子さん
  2. ハイリスク患者(白血病、悪性腫瘍、膠原病、ぜんそく、腎臓病など)と密に接する方
  3. 妊娠希望の成人女性
  4. 医療関係者、医学生、看護学生
  5. 寮など集団生活に入る予定の方
  6. 受験や就職活動を控えている方
  7. 水痘患者接触後3日以内の方(発症阻止効果があることが分かっています)

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹をワクチンで予防できる時代になりました。

帯状疱疹とは

  1. 初めて水痘・帯状疱疹ウイルスに感染した時は、水ぼうそうとして発症します。
  2. 水ぼうそうが治った後も、ウイルスは体内の神経節に潜んでいます(潜伏感染)。
  3. 加齢、疲労、ストレスなどが引き金になって、免疫が低下すると、ウイルスが歳活性化し、神経を伝わり、皮膚に達し、帯状疱疹として発症します。

適切な治療を行ったにもかかわらず、場合によっては後遺症として神経痛を残すことがあります。
帯状疱疹サブユニットワクチン「シングリックス」は、2020年1月に発売された新しいワクチンで、帯状疱疹の発症を予防する効果があります。 臨床試験の結果によると、有効性は 50歳以上では97.2%、70歳以上では89.8%でした。主な副作用は注射部位の疼痛、発赤、腫脹など、一般的なワクチン注射の際に見られるものでした。 帯状疱疹ワクチン接種の対象者は50歳以上の成人になります。 シングリックスは約2か月間隔で2回接種する必要があります。 2020年2月現在、帯状疱疹ワクチン接種に公的な補助はなく、1回 20,000円(税別)の費用がかかります。 ご相談あるいは接種ご希望の方は、当クリニック外来までお問い合わせください。シングリックスはアメリカやカナダで非常に人気があり、日本への輸入が少なくなっております。接種ご希望の方は希望日より1週間以上前にご予約ください。

現在患者様のニーズにお応えしまして、生ワクチンとシングリックスの2種類のワクチンをご用意しております。どちらのワクチンになさるかは下記の比較をご参照ください。

接種料金 生ワクチン 1回8,000円(税別)
シングリックス 1回20,000円(税別) 2回接種が必要です。
予約制となりますので、事前にご相談くださいますようお願いいたします。

----- 当院で接種が可能です。予約制となります。 -----

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME